2015年11月02日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

施主と共に紡ぐ家づくり-『建築家: 宗本順三 』

工学博士、登録建築家、一級建築士といった数々の資格を持つ宗本氏。『住宅を設計させていただくことは、その方の洋服のオーダーをいただいたものと同じ』と話す同氏は、生活スタイルや趣味等、住宅とは直接結びつかない事項から施主様の住まいに対するイメージを導き出します。住宅購入は一生に一度あるかどうかの大きな節目だからこそ、信頼できる「パートナー」として最適な住まいを提案するよう心がけています。同氏の手掛ける住まいはどれも開放的で、差し込む光が印象的です。数々の受賞歴を誇り、大学教授も務める同氏のプロジェクトをご紹介します。


木のぬくもりを感じるモダンな住まい

ガルバリウム鋼板とコンクリート打ち放しの無機質でクールモダンな印象の外観とはうってかわって、室内は木材をふんだんに取り入れた居心地の良い空間です。周りも木々に囲まれており、砧という都会のど真ん中にいることを忘れてしまいそうな安らぎの住まいです。

砧の住宅 (02)

吹き抜け部分のトップライトから光がさんさんと差し込みます。

砧の住宅 (05)

木製サッシの窓が暖かな印象です。大きめの窓を開け放つと、自然と一体になれそうなリビングですね。

砧の住宅

光がアートとなる家

外観からは小さい窓が見えるだけですが、室内はどうなっているのでしょうか。計算された光の取り入れ方をご覧ください。

井吹台の住宅 (01)

1階キッチンには天井からの採光で明るい光が差し込みます。

井吹台の住宅 (03)

実は1階キッチンの天井採光は2階の廊下になっています。ベランダからの光と廊下トップライトからの光、これならば強すぎる光が入る事もありません。計算され尽くされています。
2階はベランダへそのまま続くような開放感あふれる造になっており、ベランダと部屋の間の廊下のおかげで、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。

井吹台の住宅

自然と一体になれる家

緑に囲まれた場所に建つ、まるで美術館のような住まい。2階のオーバーハングした部分がとても印象的です。

須走の住宅 (01)

リビングの窓はフルオープンになっており、アウトドアリビングとの一体感があります。お天気の良い日はアウトドアリビングで食事をしたり、読書をしたりと自然を存分に感じながら過ごす事ができます。

須走の住宅 (09)

柱や梁などは黒い木材で統一されており、どこか和風な雰囲気も感じられ、落ち着く空間となっています。開口部が多く、開放的な室内です。

須走の住宅


この記事を書いた人

hinataさん

インテリア大好き。何より木造住宅の構造が大好きで、新築されている現場を見つけては足しげく通い、外から見学させてもらっています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 給田の家 リビングダイニング
  • 南麻布の家 洗面
  • 赤坂の家 キッチン
  • リビング
  • LDK

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問