2016年05月25日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

人や環境に対してもっと心地よく順応していく方法を提案する「建築家:中井基博」

「いろいろ要望があるけれど予算が心配…」これは初めてリノベーションする方なら誰しもが思うことではないでしょうか。そんな限られた予算の中で最大限の提案をしてくれる「建築家:中井基博」のリノベーション事例をご紹介したいと思います。


建築家:中井基博とは

コストやデザインに関しても様々な観点から検討したうえで、ハウスメーカーでは実現できないオーダーメイドの住まい作りの提案をしてくれます。

建築家:中井基博

『 マドノイエ』〜たくさんの窓がアクセント!光の集まる家

間接照明やペンダントライトを効果的に使っている上に、自然素材をふんだんに使用しているのでとても温かな印象を受けます。

『マドノイエ』~たくさんの窓がアクセント!光の集まる戸建リノベ~ (暖色系の照明が照らす温かなLDK-1)

廊下の壁一面に収納棚が作り付けられています。棚板は可動式になっているので、収納するモノに合わせて調整ができます。家中のモノが収納できそうなほどの収納力です。

『マドノイエ』~たくさんの窓がアクセント!光の集まる戸建リノベ~ (壁一面収納棚の廊下)

間取りはどうなってるのだろう…?と気になるほど大小無数の窓が設置されています。
外装が黒ということもあり、室内の明かりがきらめく星のような素敵な外観です。

『マドノイエ』~たくさんの窓がアクセント!光の集まる戸建リノベ~

『クラノイエ』〜遊び心あるウッディな家

なんだかツリーハウスのようなロフトのある吹き抜けリビングです。ロフト部分は可動式の壁もありるのでリビングと間仕切ることもでき、秘密基地のようです。

『クラノイエ』〜遊び心あるウッディな家〜 (遊び心のある吹き抜けリビング)

家の中心にあるテラスはどの部屋からもテラスが見える配置になっていて、テラス越しに別の部屋に居る家族の気配を感じることもできます。玄関ホールでリビングとダイニングキッチンがコの字に繋がっています。

『クラノイエ』〜遊び心あるウッディな家〜 (家の中心のテラス)

玄関ドアを開けるとテラスを見通すことができるようになっています。視界が開けることで開放感がでます。

『クラノイエ』〜遊び心あるウッディな家〜

建築家・中井氏のリノベーション事例は、自然素材が多く使われていてオリジナリティを感じるものばかりですね。

この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • スタジオのようなリビング
  • ぬくもりのあるリビング
  • ホール
  • 外観
  • ガラスブロック沿いの動線

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問