2016年04月23日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

それぞれの理想とする「場」を作りだす「建築家:桑原茂」事例紹介

「イメージはあるけれどうまく伝えることができなくてどうしよう...」と悩む方も多いのではないでしょうか。イメージするものを人に伝えることは思っている以上に難しいものです。そんな見えないイメージを打ち合わせの中で模型やスケッチで分かりやすくイメージをカタチにしてくれる建築家、それが今回ご紹介する建築家の桑原茂氏です。


建築家:桑原茂とは

桑原氏は、国内外で学び、そして海外での建築経験を持っています。クライアントのイメージをカタチにすることが「理想とする住まい」を作り出すことと考え、提案してくれる建築家です。

建築家:桑原茂

マンションリノベーション

ホワイトを基調とした空間の中に、作り付けの棚やキッチンカウンターの落ち着いたブラウンカラーがアクセントになっています。

マンションリノベーション_武蔵小山 (LDK)

造作収納棚の一部は高い位置に設置して、下部はテレビボードなどの家具で自由にアレンジすることができます。

マンションリノベーション_武蔵小山 (LDK)

「家の顔」とも言える玄関はスッキリさせたいですね。玄関廊下一面の収納があれば収納家具を置く必要もなく、外出時に必要なものなどもスッキリさせることができます。

マンションリノベーション_武蔵小山

石上の家

老後の生活を考えておこなったリノベーション。立ったり座ったりを繰り返す必要がある和室を柱や梁を計算しつつ、壁・ふすま・障子を取り払い広々とした洋室空間にしました。
"椅子に座る"生活のフローリングにすることで、老後の体への負担も和らげます。

石上の家(リノベーション) (明るく広いLDK-1)

新しい木材だけではなく既存の梁や柱を残すことで、これまで住んできた家の名残を残した安心感のあるリノベーションになっています。

石上の家(リノベーション) (既存の梁と柱)

大きな窓を設置することで外の景色とリビングに一体感が生まれる上に、2階一部床を取り払い吹き抜けをつくり、下階のリビングをより明るく開放的にしています。

石上の家(リノベーション)

「イメージはあるけれどうまく伝えることができない」と悩んでいるなら、ぜひ桑原氏に相談してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 廊下1
  • ベッドルーム+バス3
  • 茅ヶ崎の家 寝室
  • 南麻布の家 寝室
  • エントランス

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問