2016年04月27日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

暮らしへの思いを一緒にかたちにし続けたいと考える「建築家:竹内裕子」

「建築家に相談すると、どこから料金が発生するの?」という疑問は誰しもがお持ちですよね。決して安い買い物とは言えない住宅のことだから、なおさら慎重になります。そこで今回は、話を聞いたり敷地についての資料を確認して、最初のイメージを簡単な模型やプランで提案するところまでは無料で行ってくれる「建築家:竹内裕子」をご紹介します。


建築家:竹内裕子

竹内氏は、毎日暮らしていくなかで、「暮らしの中のシーンが溢れる場をつくりたい」と考えています。それを実現するには、暮らしへの思いをクライアントと一緒にかたちにし続ける必要があると感じている建築家です。

建築家:竹内裕子

眺望を楽しむ家

シンプルでくつろげる居場所にしたいということで行ったリノベーションです。窓からの眺望の良さを思いっきり楽しめるように、できるだけ大きな窓を設置しテラスも設けられています。

K邸・眺望を楽しむ家、耐震補強リノベーション (眺望を取り込むリビング)

玄関ホールは光がふんだんに入り、明るく開放的な空間に仕上がっています。

K邸・眺望を楽しむ家、耐震補強リノベーション (開放的な玄関ホール)

内装の明るい印象とは対照的な和モダンな外観です。塀と壁を同色にすることで、引き締まった印象も受けます。

K邸・眺望を楽しむ家、耐震補強リノベーション

広がりのある心地よい住まい

内部の細かい壁の仕切りは取り払うことで、広いワンルームを確保しています。カウンターキッチン前に和室が重なっていることで、キッチンで炊事をしながら和室で寛ぐ家族との会話を楽しむことができます。

I邸・広がりのある心地よい住まいにリノベーション (LDK・和室)

キッチン奥に窓があることや全体が白基調ということもあり、明るく清潔感溢れるキッチンになっています。壁面いっぱいの収納も細々としたアイテムが多いキッチンには有り難いですね。

I邸・広がりのある心地よい住まいにリノベーション (白基調の明るいキッチン)

床・天井・階段の素材感が統一されていて、スッキリとした印象の玄関ホールです。壁一面の収納を確保しながらも窓があることで明るく開放感があります。

I邸・広がりのある心地よい住まいにリノベーション

竹内裕子氏の提案する家には、室内と景色が繋がり一体化しているものが多く見受けられます。お気に入りの場所で、そこにしかない景色を眺めながら寛ぎの時間を過ごしたいですね。


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング
  • ダイニングキッチン
  • リビングダイニング
  • 書斎
  • キッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問