2015年10月31日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

個性・こだわり・斬新さを取り入れたモノづくりを心がける『建築家:羽柴順弘』

愛知県愛西市を拠点に住宅・店舗・インテリアなどの設計・デザインの活動をする建築家:羽柴順弘氏をご紹介したいと思います。新築もリノベーションもリフォームをこなす建築家です。


コンセプト

個性・こだわり・斬新さを取り入れたモノづくりを心がけています。木造の自然素材を得意としています。

建築家: 羽柴 順弘

プロジェクト紹介<1>木のぬくもりを肌で感じる家

ワンルーム形式の木造平屋建てのプロジェクトです。テラスと一体化しているリビングダイニングはこだわりの一つです。和室の建具を開けると、すべてがつながりワンルームとなります。

一色白山の家 (LDK)

子供の成長まで見越して、子供部屋のプライバシーの確保を考慮しています。プライベート空間をつくりたい時は、建具によって仕切れるようになっています。ロフトもあるので、広々と空間を利用できます。

一色白山の家 (子供部屋)

プロジェクト紹介<2>西古券の家

どことなく城下町の「蔵」の雰囲気を感じるプロジェクトです。四角い外観の一部を三角形に切り抜いた部分が玄関ポーチになっている、とても斬新な外観デザインです。

西古券の家 (エントランス)

開口部を多く設置しているLDKは、とても明るい空間です。造作家具を多く利用することで、床と家具のつながりが出て、部屋全体に統一感が出ています。使う色をホワイト・ブラウン・ブラックの3色に絞ることもスッキリさせるポイントですね。

西古券の家

プロジェクト紹介<3>築65年の民家

築65年の民家を全面リフォームしました。外装は痛みが激しく、すべてを取り替えることになりました。

魚津の家 (外観)

内部は、既存の柱や梁を生かした平屋建てとなっています。どの部屋も天井が高く、白い壁と天井に深みのある梁がアクセントになっています。

魚津の家


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • エントランス
  • 段差を楽しむ家_LDK2
  • 家電収納棚とコンロ側
  • 見せる収納のキッチン
  • サニタリー

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問