2015年11月18日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

日の入りが早い時期に映える『温かみのある外観』にしよう!

晩秋を過ぎ、日の入りが早くなったと同時に気温もどんどん下がり始めました。これからの時期は、帰ってきた時に温かさを感じるような外観が特に映える時です。派手なイルミネーションはありませんが、ほのかな明かりに心和むことでしょう。


ほのかな明かりや温かい明かり。こんな外観の家ならきっとあなたは家路を急ぐでしょう。

塀に沿ってたくさんの小さな光の玉が浮かび、しかも地面に反射してほのかな明かりが道路にも広がっています。まるで満天の星かと思うような明るいアプローチは行き交う人の目を楽しませてくれます。

ウイングハウス

地面から照らす明かりがアプローチ一面にちりばめられた明るい外観です。生活空間である2階からの明かりは窓の数をぐっと絞ることで、1階と2階のコントラストをハッキリとさせて幻想的な空間になっています。

西熱海の陶芸工房のある家

ガラスブロックから柔らかく漏れ出てくる明かりが素敵なアプローチ。黄みを帯びた温かい色合いの明かりが気持ちもリラックスさせてくれるそうです。

『スクエアハウス』〜大きな吹き抜けのある開放的な住まい〜

窓が1つしかなく、ぐっと抑えられた中にうっすらと見える玄関の明かり。明と暗のコントラストが映える外観です。

南笹口の家 〜斜め壁のある家〜

黒い外観にオレンジ色の温かい光が良く調和したお家です。黒色の外壁はシャープでモダンな印象ですが、たくさんの窓から漏れ出るオレンジの光が温かみをプラスし、柔らかい印象を与えます。

『間口2間の家』

2つの箱をずらしたような外観の家。その2つの箱のすき間からあふれ出す光のシャワーは、まるで朝日のような清々しさ。家の白壁や駐車場の白さとよくマッチしています。

中野島の家

アプローチに点在するいくつもの明かり。まるでホタルが飛んでいるかのような印象を受けます。真っ暗になってしまうと少し頼りないかもしれませんが、夕暮れのひと時を彩るやさしい明かりです。

はなれ庭


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた事例写真

  • 玄関
  • 秘密基地のような子供部屋
  • 間仕切りで仕切られたLDK
  • LDK
  • 土間空間からリビング方向を見た夕景

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問