2017/05/16更新0like4377viewみゆき

手軽に模様替え!賃貸の白い壁をおしゃれにDIY

多くの物件でDIYに制限があり、収納スペースの悩みがつきものな賃貸住宅。ある材料を使うだけで、賃貸の味気ない部屋をおしゃれで、収納スペースたっぷりの機能的な部屋に大変身させることができます。そんな材料とその使い方をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

(難易度★)賃貸の味気ない壁をかんたん模様替え

まずおすすめするのが、初心者でも簡単にちょっとした模様替えができる方法。それは、賃貸の壁をもっとも簡単にデコレーションする方法の一つで、マスキングテープを使った模様替えです。一人暮らしの時、白い壁に囲まれていると、とくにさみしく感じますよね。壁いっぱいに好きな写真やカラフルなマスキングテープを貼ることで、気分が明るくなります。

出典:Society19

マスキングテープでカレンダーをつくってみるのもいいですね。予定を書いた付箋を貼れば、見やすいスケジュールの完成です。自分好みのさまざまなバリエーションが楽しめると思います。

出典:pinterest

壁一面に同じ図形を並べてパターン模様をつくるのもおしゃれです。マスキングテープでデコレーションしたようには思えないおしゃれな壁ですね。

出典:pinterest

マスキングテープとお花を使ってウォールデコレーション。生花でももちろんよいですが、造花やプリザーブドフラワーなら長持ちするのでおすすめです。季節ごとのお花で壁飾りつけできそうです。
マスキングテープを好きな形に切って貼る使い方。天井から床までマスキングテープを貼っていくことで、まるで最初からカラフルな壁だったかのようです。
ちなみに戸棚の裏へ取り付けた2つのフックに、マスキングテープを通した棒をかけて保管しておくと、テープをその状態のまま好きな長さにちぎって使え、デッドスペースの活用にもなっておすすめです。見える表側に取り付けてもディスプレイになりますよ。

出典:Pinterest

(難易度★★)まっ平らの白い壁を大容量収納スペースに!

壁に写真を貼るだけじゃ物足りない!という方におすすめなのが、ディアウォールを使った壁面収納です。ディアウォールは、賃貸物件のDIYにはうってつけのアイテムなので、覚えておいて損はないと思います。
ディアウォールは、何か他の材料と合わせて使うことでバリエーションが広がります。合わせる材料の中でとくにおすすめなのが「有孔ボード」。

有孔ボードの穴をうまく利用して、フックや棚を取り付けることで、カバンや服をかけられたり、本や雑貨を置けたりと簡単にオリジナル収納を作ることができます。

(難易度★★★)ディアウォールの力を駆使して収納スペースを設計・施工

天井まで本がびっしり並んでいる収納って憧れますよね。こちらは造作家具ですが、ディアウォールを使って支柱を何本か設置すれば、壁いっぱいの本棚も作ることもできますよ。

出典:Pinterest

いかがでしたでしょうか。今回はマスキングテープやディアウォールを使ったDIYを紹介してきました。まずは、好きなポスターを1枚壁に貼ってみることろから始めてみてください。まっさらな壁と何かアクセントがある壁では、その部屋の雰囲気も全く違うものになりますよ。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る