2016年10月12日更新

インテリア(照明)

秋の夜長を愉しむ、あたたかなライティングの取り入れ方

肌寒くなってくると、やはりあたたかな黄色の光に包まれたいと思います。
黄色の光は、料理も肌色も綺麗に見せてくれますし、なにより気持ちが和みます。


部屋の中でお月見

このライトをつけた時のお部屋の中に現れる影もきっと素敵だと思います。
窓から月が見えなくなっても、お部屋の中でお月見を楽しんでください。

出典:homeadore.com

あたたかいライティングで読書の秋

スペインのデザイナーのテーブルランプです。

シェードはシルクにコットンのリボンでひだになっているのでシンプル過ぎず温かみがあります。LED電球6Wを三個付けるので読書には十分な明るさです。

出典:santacole.com

寒い季節の長い北欧だからこそあたたかみのあるライティングが生まれるのでしょう。
ルイスボールセン社・アーネヤコブセンのデザインのフロアライトはシャープでありながら木製家具のぬくもりとの相性が良いです。

出典:midcenturyhome

秋からイルミネーション

まだクリスマスには早い?!外の木枯らしをよそに、秋のこの時期から楽しんでいただきたい暖かい光の演出にはイルミネーションです。

出典:pinterest.com

オブジェなライティング イサム・ノグチ

照明といえばイサムノグチは外せません。
行燈からインスピレーションを得たAKARIは照明という機能を越えて、オブジェとして、和洋どちらの空間にも合うユニークなカタチの数々です。一つは欲しくなりませんか?

出典:pinterest.com

アロマキャンドルで温まろう

あたたかいライティングといえば、キャンドルです。
バスルームをアロマキャンドルでロマンチックに演出してみるのはいかがですか?
きっといつもより癒されるはずですよ。

出典:pinterest.com

夜のパーティーはライティングが主役

秋はハロウィンなどアウトドアで夜を楽しむイベントがある季節です。
このようなストリングライトを照明に使ったらパーティーをお洒落に演出できて、さらに盛り上がりそうです。

出典:pinterest.com

究極のライティングは「焚火」ではないでしょうか。
自然といつになく話が盛り上がるシチュエーションになります。
お庭やテラスにバーベキューやキャンプファイアができるスペースを作り、暖かいライティングに大切な人たちと共につつまれるのも素敵ですね。

出典:pinterest.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

Rinさん

展覧会やショップなどで、ステキな美術、工芸品を見つけるのが好です。旅行でも、工芸品の産地に行くのが楽しみの一つです。

最近お気に入りされた写真

  • 石畳のアプローチ
  • 正五角形のLDK・リビングからダイニングテラスへ
  • 土間テラスとつながるダイニング
  • 吹抜けからダイニングを見下ろす
  • 北綾瀬ショールーム (オフィス事例 )

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。