2016年10月17日更新

インテリア(壁/床)

ほっこり秋カラーは目から感じる...秋色壁紙でお部屋をつくる

秋色というとどのような色を思い出されますか?
ここでは、秋を思いおこさせる色やパターンを通して壁紙の効果的な実例と魅力についてご紹介します。


部屋は壁紙で決まる

流木とライティングの斬新なアイデアが目を惹きますが、やはり壁紙のテクスチャーでインテリアが引き立っていて、壁紙一つで部屋の印象が決まる一例だと思います。

出典:homedit.com

インテリアと壁紙のバランス

秋色は暗いイメージがありますが、ハロウィンを連想させるディープトーンのオレンジ色はウォールナットの色と合わせることで落ち着きと明るさの両方を兼ね備ています。
壁に掛けた絵のヴァイオリンの色が壁紙と同一色なように、壁紙の色とインテリアを合わせると部屋に統一感が出ます。

出典:phillipjeffries.com

壁を一面だけ色をつけてみる

紫も秋色の代表の一つ。上品で、シャープなイメージになる色です。
海外だと各部屋にテーマカラーがあって、その一色で全てコーディネートすることがよく見られますが、日本はまだまだ白壁が一般的で、色で部屋をコーディネートすることは少数派ですが、徐々にアクセントウォールを用いる住宅も増えてきました。

個性的な黒い外観
赤の小窓が印象的な外観
広々した玄関
3階まで続く螺旋階段
開放的な空間

日本の紋様を楽しむ

唐紙は日本のインテリア素材の一つで、最近では和の空間に限らずホテルなどの壁紙としても使われています。秋らしい柄では萩や紅葉、そして色も秋色のオレンジや黄金色など日本の四季を表した紋様は多くあります。和室や和モダンな洋室にも馴染みが良くワンランク上の空間を作り出してくれます。

南東外観
外観正面
南西外観
玄関アプローチ
駐車場

壁紙・テキスタイルの巨匠 ウィリアム・モリス

西洋アンティークを求めて、テキスタイルを探すとウィリアムモリスに辿り着くと言ってもいいほど、代表的なデザインです。多彩な図案の数々どれを見ても素敵です。
部屋全体に贅沢に使えれば良いですが、まずはパネルにしてところどころに飾ってみられるのはいかがですか?
壁紙を検討されている時、きっといいアイデアがひらめくようなウィリアムモリスはテキスタイルの見過ごせない巨匠です。

出典:tumblr.com

たくさんの色を使っても統一感があるのはなぜ?

同一トーンだと、たくさんの色を使っても部屋に統一感があります。
この壁の青と天井の朱色の組み合わせでなく、白い天井だったらガラッとイメージが変わることでしょう。
天井や壁をカラフルな色にするというのは決断力がいりますが、一つの色や同一トーンをベースにカラフルな壁紙を楽しんでみるのはいかがですか。

出典:pinterest.com

ボーダーテープの効力

海外の住宅でよく見かける壁と天井の境目のボーダーテープ。手軽に購入できるマスキングテープで代用して、DIYも挑戦できそうです。
ストライプなどでしたら、カジュアルになりますからデザインによってお部屋の印象を変えられる素敵なアイテムです。

出典:apartmenttherapy.com

白い壁紙一色にするのも良いですが、壁紙でお部屋の印象は大きく変わりますし、楽しめます。
また、秋色でも明るさを出せるコツはモダンテイストのインテリアとのコーディネートではないでしょうか。

この記事を書いた人

Rinさん

展覧会やショップなどで、ステキな美術、工芸品を見つけるのが好です。旅行でも、工芸品の産地に行くのが楽しみの一つです。

最近お気に入りされた写真

  • 全長7mのキッチン
  • ヴィンテージテイストのLDK
  • 収納たっぷりのカフェ風キッチン
  • 白と木を基調としたリビングダイニング
  • Kitchen

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?