2019/02/15更新0like1526viewNina

「アクセントカラー」でベーシックな空間がおしゃれに変わる!

オフホワイトやベージュ、ブラウンなどのベーシックカラーでまとめた部屋は飽きがこない安心感があります。しかし、ありきたりでちょっとつまらないという思いがあるのも事実。そこでおすすめしたいのが、アクセントカラーの使用。現状のベーシックなカラーコーディネートにプラスするだけで部屋の印象が大きく変わります。参考になる事例とともに、うまくまとめる秘訣をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

全体のバランスを見ながら配置

アクセントカラーを取り入れる際には、部屋全体のバランスを見るようにしましょう。

まず、室内に色が点在しないように同色のものは一か所にまとめ、カラーボリュームを確認します。ポイントを絞って配置するとバランスを把握しやすくなり、ごちゃごちゃした仕上がりを避けることができます。

また、雑然とものを出しておくと、どうしても色味が多くなってしまいます。全体のカラーバランスを損なわないためには、細々したものは目につかない場所に収納したり、目隠しとなるものを使用したりして、スッキリとした室内にしておきましょう。

効果的で手軽なカラークロス

もっとも効果的で失敗が少ないアクセントカラーの取り入れ方は、カラークロスを張ることです。壁を選んでそこに色味を加えるだけなので、センスに自信がなくても問題ありません。

こちらは壁とその周りにある家具や扉などをネイビーにすることで、空間にメリハリをつけています。ダークトーンの家具に色調を合わせているところもポイントです。
レッドパインの無垢材を使用した部屋には、グリーンのアクセントカラーがマッチしています。
印象的な赤のカラークロスは、ひと続きのフロアにも関わらずベッドスペースを独立した空間に仕立てています。あえて特徴的な色を使用することで、他のスペースと差別化するというテクニック。

赤のクロスと間接照明でつくるムーディーな雰囲気も、寝室らしく素敵ですね。
ビビッドカラーも一面だけなら程よいアクセントに。インパクトのある色は他の色と喧嘩しやすいので、白を基調とした室内に取り入れるようにしましょう。
部屋の使用目的に合ったアクセントカラーを選ぶのも失敗しない秘訣です。たとえばキッチンなら、野菜や果物を連想させるビタミンカラーがマッチします。
こんなポップなイエローなら、毎日の料理時間も楽しくなりそう。

「カラークロス+α」で華やかな印象

カラークロスだけでも十分におしゃれな仕上がりを楽しめますが、そこにもう1つ要素を加えると華やかさが増します。

たとえば、「クロス+タイル」。

キッチンカウンターのタイルは、クロスと同系のレッドが使用されていて違和感のない組み合わせになっています。白基調のキッチンが、明るくポップな印象の目を引くキッチンに変わりました。
つづいては、「カラークロス+ファブリック」。
ファブリックは季節や気分に合わせて一新することができるので、コーディネートの楽しみが広がります。

こちらは同じグリーンでもトーンを変えて、メリハリのある仕上がりに。

家具や雑貨でアクセントカラーを取り入れる

基本はベーシックカラーのままで、家具や雑貨などでアクセントカラーを取り入れる方法もあります。
ポイントは、無地クロスに合わせること。柄クロスだと、視線を集める場所がばらけてまとまりのない印象になってしまいます。

白無地クロスにカラフルな家具をアクセントに。取り入れている色は、レッド・ブルー・グリーン…と多いですが、一つ一つの色のボリュームが少ないのですっきりとまとまっています。
建具の一部にアクセントカラーを取り入れるのもおしゃれです。
こちらは室内窓をリビングドアと同じネイビーにし、空間のアクセントとしています。
ベーシックカラーでまとめたシンプルな部屋もよいですが、アクセントカラーを取り入れた部屋はおしゃれで遊び心があります。
日々の暮らしを楽しくしてくれるエッセンスとしても魅力的なアクセントカラー。難しく考えすぎず、小さなものから気軽に取り入れてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る