2015年10月19日更新

注文住宅(HOW TO)

吹き抜けのメリットデメリット

快適な空間を作ってくれる”吹き抜け”。しかし、一歩間違ってしまうと厄介な存在になってしまうので、しっかりとメリットとデメリットを把握し、暮らしやすい空間をつくりましょう。


開放的な空間になる大きなメリット

吹き抜けを設ける際に1番に頭に浮かぶのが「開放感」ではないでしょうか。
横へ広い事も開放感ですが、縦に長い事も大きな開放感に繋がります。
吹き抜けをリビングに設ける事例が比較的多いのは、このような視覚効果を求める事からきています。狭い空間でも、吹き抜けを設ける事で1.2倍程の広さを感じる事が出来ます。

明るい空間を作れる大きなメリット

吹き抜け部分に窓を設けると、高い位置から光を引き込む事が出来るので空間がグッと明るくなります。通常の窓の数が少なくても、高い位置であればあるほど明るくしてくれるのでとても快適になります。

光熱費が高くなるデメリット

暖かい空気は軽いので上部に上がっていきます。
その為、過ごす空間の高さには暖かい空気が無くなってしまい、暖房の温度を上げても追いつかない場合が多く、結果的に寒い建物にしてしまう事があります。

この場合は、吹き抜け天井にサーキュレーターを取り付けると空気を撹拌して循環させる事が出来るので、過ごす高さにも温かい空気が行き渡りやすくなります。プロペラ型の近代的なサーキュレーターもあるので、取り付ける事でオシャレな吹き抜けを演出する事も可能です。

照明や梁のあらわし部分の汚れが取り難いデメリット

吹き抜けは天井が高くなるため、照明器具や梁のあらわし部分のお掃除や電球の交換など、なかなか簡単に出来ないのが大きなデメリットです。
照明器具の電球の取り換えは素人さんには無理ですので、業者にお願いして取り替えてもらはないといけないこともあります。また、簡単な掃除は柄の長いお掃除グッツが販売されているので、そちらを活用すると良いでしょう。

音が響くデメリット

空間の大きさに対して吸音材の数が伴わなければ、音が響いてしまいます。
吹き抜けになると空間がかなり広くなってしまうので、反響してしまう事が大半です。
音の反響を無くす為には、吸音材の量を増やす事が最適です。
カーペットを設ける、カーテンを付ける、ソファーを設ける等、吸音材をどんどんお部屋に取り込みましょう。


この記事を書いた人

shiduraさん

建物大好きの、2級建築士です。
建築に携わって、学生時代から換算すると27年経ちました(^_^;)
大好きな建築に対して、まだまだ勉強中です。
どこまでも未知な世界なので、いくつになっても勉強になります(^O^)/

2026年にサクラダファミリアは本当に出来上がるのか、気になっています(●^o^●)

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • LAVATORY
  • 外観
  • 玄関 内観
  • 植栽のある玄関
  • 男性側クローゼット

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問