2018/07/22更新0like3176viewnaturakapi

玄関スッキリ!話題の「WISC」がすごい便利らしい

ウォークインシューズクローゼットを住宅に取り入れる事例が増えています。実際どこまで便利なのか、今回はじっくりご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

靴専用のWICはなぜ流行りだした?

あなたの家は、玄関周りがごちゃごちゃとしていませんか?

物が散らかる玄関では、帰宅時にどっと疲れを感じるだけでなく、不意の来客時も困るもの。玄関が片付かない原因は、多量の靴や、ベビーカーや子供の外遊びのおもちゃ、ゴルフ道具など「とりあえず置いておく」ものであふれているためです。

こういった物をを手軽にすっきり収納し、家の印象を上げてくれるのが、ウォークインシューズクローゼットです。

メリットとデメリットを考える

ウォークインシューズクローゼットには、さまざまな長所短所があります。

●メリット
・靴や荷物を大量に収納できるため、玄関がすっきりする
・どにに何があるか、一目でわかる
・床がタイルや土間なので、ベビーカーや雨、土がついたものも置きやすい
・扉を付ければ、人目が気にならない

●デメリット
・土地の形や敷地面積によって、つくれない場合がある
・予算が増える
・配置によっては臭いがこもる

あなたの靴、すべて靴箱に入っていますか?

家の靴箱の中には、セールでつい買った靴、買ったもののあまり履かない靴もたくさんあるのでは? さて、それらの靴はすべて箱に収まっているでしょうか?

なかには靴箱に入りきらず、玄関の床に靴があふれている方もいると思います。
ウォークインシューズクローゼットがあれば収納量が増え、「靴があふれて困った!」という悩みを一気に解決できます。
また、ウォークインシューズクローゼットは、靴や荷物を置くだけの場所ではありません。
上の事例のように鏡を置くことで、お出かけ前の全身チェックもできます。

しまったはずの靴、行方不明になっていない?

大掃除の際に、履かないまま奥にしまい込んでいた靴が出てくることがありますよね。

でも、ウォークインシューズクローゼットに靴を収納すれば、一目ですべての靴が見渡せるので、その日の気分で靴をコーディネートできます。

「たまに使うもの」の置き場所として最適!

普通の靴箱や棚には、傘やベビーカー、ゴルフクラブ、子供の外遊び道具などを収めるのは難しいです。

ウォークインシューズクローゼットなら収納量が多く、床がタイルや土間なので濡れやすいものも置けるため、玄関もすっきりします。
収納スペースがあるため、物があってもごちゃごちゃ感が出ず、すっきり整理されています。

スペースを広くとれば自転車置き場にも

たとえば自転車が趣味なら、ウォークインシューズクローゼットのスペースを広くとることで、自転車のお手入れなどにも利用できます。新築やリノベーション時に、あらかじめどんな目的でスペースを使いたいか明確にしておくとよいですね。

このお宅のように、引き戸などの扉を付けるのもおすすめ。来客時は扉を閉めれば人目を気にする必要がありません。

可動式の棚なら使い方はさらに広がる

靴棚を可動式にした事例です。さまざまなタイプの靴を置きやすくなり、使い勝手がよくなります。

また、服の収納スペースをつくることで、外出時に着るコートやバッグをかけることができ、アウターを取りに部屋に戻る時間を短縮できます。
棚ひとつとっても、このようにさまざまな用途が広がります。新築やリノベーション時に、担当者とよく話し合ってください。
ウォークインシューズクローゼットがなくても生活はできますが、ごちゃごちゃしているよりすっきりとした玄関のほうが、家族はもちろん、来客があった際にも気持ちよく迎え入れられますよね。
設置にあたりメリット・デメリットはありますが、新築やリノベーションを考えている方は、ぜひウォークインシューズクローゼットを検討してみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る