2015年10月05日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

どこに作るのが正解?便利な『床下収納』事例

床下収納と言えばキッチンの床に造られているイメージが強いですが、実は他の部屋で取り入れても便利なんです。ただし、造りによっては普通の収納と違って頻繁に開けるものではないので、中にしまうのに向いているもの、向いていないものがあります。ではどんな使い方をすると床下収納を上手く使いこなせるのか、事例と共に見てみましょう。


キッチンのすっきり収納

キッチンの床下収納には、買い置きの飲料水や調味料など普段は出し入れしないストック食品を入れておくのがベストです。収納の中に箱で仕切りを作ったり、食品を種類別に袋にまとめたりすると、見た目も綺麗で取り出しやすくなります。

ameblo.jp

出典:ameblo.jp

寝室の床

寝室の床に収納がある場合なら、クローゼット代わりに使うことができます。冬用のコートや季節物の浴衣などは着用しない時期は場所を取りますが、床下収納なら気兼ねなく入れておけますね。

apartmenttherapy.com

出典:apartmenttherapy.com

小上がり

小上がりの床下は収納を作るのにぴったりな場所です。こちらのお宅の小上がりは寝室にあるので、衣替えした洋服や寝具などをしまうのに役立ちそうです。

柳崎の住宅 (寝室)

引き出しを開けると、このように大容量の収納が現れます。上から蓋を開けるタイプにするか、使い道によって造りを変えるのが良さそうです。

柳崎の住宅

畳の中に収納

リビングの一角にある畳スペースは小上がりの造りになっており、コタツテーブルをそのまま床下に収納できるようになっています。こうすることでお客さんが来た時は布団を敷ける客間として利用したり、使い道が広がります。

中百舌鳥の家

スキップフロアの下

スキップフロアの下は、造りによってはかなり広くスペースが取れるので、ストーブや扇風機などの季節家電の他、普段使用する掃除機などの一時保管にも使えそうです。

『志和堀の家』スキップフロアのある家

階段下

一階の階段下に出来た空間を地下の収納庫として活用している例もあります。ガレージのない家なら、普段はあまり使用しないアウトドアグッズやスポーツ用品などをしまうのも良いでしょう。

I邸

小上がりリビングの床

リビングの床が一段高くなっている造りなら、かなりの容量を収納できる床下収納を設けることができます。これだけの造り付け収納があるなら余分な家具を買わずに済みそうですね。

『artreno project』図書館のある住まい

ウッドデッキ

外にあるウッドデッキにも収納を作ることができます。季節をまたいで使用する冬用タイヤなど、家の中にしまうのには向かないものでもここなら安心して収納できますね。

fanblogs.jp

出典:fanblogs.jp


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 浴室1
  • スケルトン階段・大きな吹き抜け-1
  • 中庭を囲んで構成した住宅
  • 都市型住宅
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問