2017年07月07日更新

インテリア(スタイル)

寒色系カラーと透明感がポイント!夏の北欧インテリアのつくり方

ナチュラルでいてどこか洗練された北欧インテリア。木の温もりのなかに、ファブリックや雑貨でPOPなカラーを取り入れた北欧インテリアは、どのシーズンでも人気です。
今回は、夏の住まいで参考にしたい北欧インテリアの実例を厳選してご紹介します。あなたもぜひ、おしゃれな暮らしのヒントを探してみてください。


北欧インテリアとは

夜が長く寒さ厳しい北欧では、家の中でいかに楽しく快適に過ごすかという暮らしの知恵がインテリアにも反映されています。機能性とデザインに優れた家具が多く生み出されているのも、そんな背景があるから。

イッタラやマリメッコなど、日本でも絶大な人気を誇る代表的な北欧ブランドでも、無駄がなくそれでいて楽しさを持ち合わせたアイテムが豊富にラインナップされています。

注文住宅事例「ホソナガハウス」

寒色系のファブリックで夏らしく!

自然に囲まれた北欧では、テキスタイルにも植物や動物が登場することが多く、ファブリックで取り入れれば部屋にいながらにして自然の温もりを感じられます。

夏らしさを演出するなら、迷わず寒色系を選びましょう。涼しげなカラーが加わることで、空間に心地の良さをもたらします。

マンションリノベーション・リフォーム事例「収納計画にこだわった北欧スタイルの家」

ブルーグレーのペイントで個性的に

シンプルな北欧インテリアは、カラーにこだわることで住む人らしさを演出できます。

こちらのお宅のように、キッチンカウンターの棚部分をブルーグレーにペイントすれば、海外のキッチンのように個性的な雰囲気を醸し出します。オープン棚に夏らしいモチーフやカラーの雑貨を飾れば、シーズンムードを盛り上げてくれそうです。

注文住宅事例「北欧カラーに包まれた家」

季節のインテリアグリーンで潤いのある空間に

北欧インテリアと言えば、「木の温もり溢れる空間」が特徴。オーク材やパイン材などを使用したシンプルな北欧テイスト家具は、季節を問わず取り入れやすいのではないでしょうか。
テーブルやカウンターなどに、季節のインテリアグリーンを取り入れるのも、潤いのある空間づくりに一役買ってくれます。

注文住宅事例「丁寧に暮らす家」

透明感のあるガラス素材雑貨で涼し気に

海からインスピレーションを受けた鮮やかな色合いと優しいフォルムが目を惹くカラフェやボウル。透明感のあるブルーに涼しげな夏らしさを感じさせます。
さりげなく花やグリーンを挿してお部屋のアクセントにするだけで、気軽に夏の北欧インテリアを楽しめます。

出典:Instagram

清涼感のある天然素材を取り入れる

北欧テイストの家具のなかでも、籐やアッシュ材などを取り入れたアイテムは清涼感があり夏にぴったり。天然素材ならではの経年変化で、味わいのある家具に成長します。

出典:Instagram

フォトフレームで気軽にウォールデコレーションを楽しむ

ナチュラルな北欧インテリアにぴったりなディスプレイアイデア。フォトフレームにお好みの花やグリーンを挟むだけで、涼し気なデコレーションが完成です。

出典:instagram

優しい雰囲気の北欧インテリアを夏仕様に変えるなら、ぜひカラーと透明感に注目してみてください。
ブルーのなかでもグレイッシュブルーを選べば、洗練された大人の雰囲気になります。雑貨では、ガラス素材のアイテムを選ぶことで涼しげなイメージに。
ぜひ、北欧雑貨やファブリックで季節感を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人

naomiさん

フリーランスのライターとして活動している1児の母naomi(naomi.spring)です。
インテリア記事の他、ファッション・ライフスタイル記事を書いています。
我が家をリフォームしたことで、リフォームの可能性を知りました。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい。そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

naomi(naomi.spring)ホームページ:http://naomi-spring.com/



最近お気に入りされた写真

  • リビングとロフト
  • 寝室 収納
  • 階段下を収納スペースに
  • 無垢フローリングと珪藻土の開放的なリビング
  • LDK

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?