2017年12月02日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

LDKを多目的空間に!子どもの勉強も大人の趣味もカウンターテーブルで

LDKは家族が最も長く過ごす場所なのではないでしょうか。そのぶんモノが増え空間が圧迫されていくこともしばしば。
そんなときは、カウンターテーブルの設置を検討してみてはいかがでしょうか。収納棚や家具で場所をとられがちなリビングですが、造作棚やカウンターテーブルを設置することで多目的に使えるスペースが生まれます。


程よい距離感のおしゃれな書斎に

L字に造作されたオープン棚とカウンターテーブルは、2人で使うときも互いにプライベート感が保てるため集中して作業したい方におすすめです。

> この住宅のすべての情報を見る

カウンターテーブルで家族の距離が縮まる

キッチンに立つ人と会話できるカウンターテーブルは、家族の距離をぐっと縮めてくれそうです。

こちらのお宅はキッチンが完全に独立した空間になっていましたが、子どもに目が届かないのが難点であったため対面式に。ダイニングテーブルは別にありますが、広々としたカウンターで食事をとることもできます。

> この住宅のすべての情報を見る

カウンターテーブルでカフェスタイルのキッチンに

すっきりとしたインテリアと木の温もりを感じるカウンターが目を惹く、カフェのようなキッチン。食事をとったりお茶をしたりと使い勝手の良いカウンターテーブルがあることで、オープンな雰囲気に仕上がっています。

> この住宅のすべての情報を見る

リビング学習に最適なカウンターテーブル

キッチンの一部に調理台兼ダイニングテーブルとして造作されたカウンターテーブル。
食事だけでなく、勉強机としても十分な広さがあるためリビング学習にも最適です。子どもの宿題を見ながら料理をすることも、このカウンターテーブルなら叶えてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

可動式なら使い道が広がる

こちらのお宅では可動式のカウンターテーブルを採用しています。
キッチン奥に備えつけた書斎スペースから天板を渡すと、ひと続きの大きなテーブルに。普段は調理の作業台としても使えますが、子どものお絵かきや勉強コーナーとして、来客時にもおもてなしの席として重宝します。

> この住宅のすべての情報を見る

スリムなカウンターテーブルは狭小住宅にも最適

キッチン横に設置されたバーカウンターがおしゃれな住まい。キッチンとバーカウンターが近い距離で、お互いの気配を感じながら過ごせるスペースに仕上がっています。奥行きが狭いスリムなカウンターテーブルは、コンパクトなスペースでも圧迫感なく設置できます。

> この住宅のすべての情報を見る

腰壁と組み合わせて個室風に

キッチン背面のカウンターテーブルは、調理用としてだけでなく子どもの勉強や軽食コーナーなど、フレキシブルに使えるよう足元に空間を開けて座りやすく設計されています。
カウンター前の腰壁で、個室のような落ち着いた雰囲気をつくりながらも圧迫感のない空間に仕上がっています。

> この住宅のすべての情報を見る

カウンターテーブルは可動式、ユニークな形状の天板にできる場合もあるため、個性的な空間づくりや狭小住宅の有効活用にもおすすめです。

趣味を楽しんだり、子どもの勉強を見るスペースとしても重宝すること間違いなし。あなたもLDKを多目的空間に導くカウンターテーブルの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

naomiさん

福岡を拠点に活動しているフリーランスのライターnaomi(naomi.spring)です。
インテリア、住まいの記事などを執筆しています。
自宅リフォームを経験して、住まいづくりの楽しさを実感。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい
そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

・リフォームスタイリスト3級
ホームページ:http://naomi-spring.com/



知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか