2015年12月21日更新

インテリア(壁/床)

機能的な内壁を知る~用途に合った壁紙で快適生活~

内壁に使う仕上げ材料は、さまざまな種類があります。その中でもオススメしたいのが機能的な壁内壁材。
内壁材料の選び方により、空間の快適さが大きく変わっていきます。
過ごしやすい空間を作って快適に長く暮らせる家づくりをしましょう。


汚れ防止壁紙を使おう

壁紙と一口に言っても、色んな種類があります。
小さいお子さんや室内でペットを飼われているお宅には、汚れ防止壁紙をオススメします。

汚れ防止壁紙とは、抗菌フィルムが表面にラミネート加工されている物です。その為、汚れが付着しても拭き取りやすくさせる事が出来るので非常に便利です。
汚れが付着してしまった場合、堅く絞ったタオル等で拭き取る事が出来ます。
油性マジック等の落ちづらいものでも、汚れ防止壁紙でしたらアルコールを染み込ませたタオルで拭くと綺麗に取り除く事が出来ます。抗菌性も高いのでオススメですね。

抗アレルゲン効果壁紙

何気なく過ごしている空間の中には、ダニの死骸や花粉などのアレルゲン物質が沢山浮遊しています。アレルギー持ちの方は、アレルゲン物質だけでも反応してしまうので厄介です。

抗アレルゲン効果壁紙は、このようなアレルゲン物質を吸着し、取り除く機能を持っています。更に、アレルゲン物質抑制も担っているので快適な空間つくりに役立ってくれます。
アレルゲン物質が入りやすい玄関、ホール、階段、居間等に使う事をオススメします。

光拡散機能壁紙

文字通り、壁紙に光を拡散させて空間を明るく見せる壁紙です。
光を反射させる特殊な材料を表面に配合しているので、照度を高める事ができ、窓が小さい空間や窓の設置が難しい空間に張ると、明るさを高く発揮してくれます。
ほとんどの光拡散機能壁紙には汚れ防止機能も備わっているので、清潔さも保つ事が出来ます。

過ごしやすい空気を作るエコカラット

ここ最近密かなブームになっているのが、LIXILから出ている”エコカラット”という材料。
タイルの薄い感じの材料で、内壁に張る事で空間の空気を快適にしてくれます。
特徴としては湿度調整をしてくれる部分です。湿度が多ければ吸い取り、少なければ湿気を吐き出す作用があります。

また、消臭機能もあるので、生活臭やタバコ臭等を綺麗にしてくれる上、空間に発生した有害物質までも吸着して濃度を下げてくれます。エフフォー(F☆☆☆☆)の規制が厳しい今でも、有害物質が全く0%という訳ではありません。その微々たる有害物質も取り除いてくれるので、アレルギーの方が居るお宅にはとてもオススメです。
汚れも染みにくいので、いつまでもクリーンな内壁を保つ事が出来ます。


この記事を書いた人

shiduraさん

建物大好きの、2級建築士です。
建築に携わって、学生時代から換算すると27年経ちました(^_^;)
大好きな建築に対して、まだまだ勉強中です。
どこまでも未知な世界なので、いくつになっても勉強になります(^O^)/

2026年にサクラダファミリアは本当に出来上がるのか、気になっています(●^o^●)

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング2
  • 外観
  • 玄関1
  • 玄関(撮影:多田ユウコ写真事務所)
  • 障子の地窓と玄関収納

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問