2016年10月10日更新

インテリア(スタイル)

秋だからこそ気になるブルックリンスタイル

まだまだ暑さの残る9月ですが、そろそろ秋・冬のファッション、インテリアを揃えたくなりませんか?
そんな時、紅葉が綺麗に映える街はどこだろう?と思い辿り着いた街の一つが、NY・ブルックリンです。
ここ最近、注目されているブルックリンスタイル。
それは、この街に昔からあるレンガ造りのアパートメントの内装をモダンにリノベーションした空間に、その長年の風格ある建物をリスペクトしているようにヴィンテージの家具を置いたミックススタイルです。


長い年月あり続けたブルックリンの家

数々の映画やドラマで見かけるこのアメリカの典型的なアパートメントやテラスハウス。
レンガという素材だからこそ長い年月存り続けてきたのでしょう。
なかなか日本ではこの質感を実現させることは難しいですよね。
憧れてしまいます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

手の届く場所に本を置こう

木製の家具の温かみと部屋と部屋の間のガラス張りが部屋を広く、明るく見せています。
ブルックリンスタイルは、本の存在も特徴的で、書籍は見せるコーディネート。
写真集やインテリア雑誌を手の届く場所に置いておくのは、日々の生活にもちょっとしたヒントが見つけられそうですし、インテリジェンスな印象にもなります。

instagram.com

出典:instagram.com

レンガの壁こそまさにブルックリン

ブルックリンスタイルといえば、一番にイメージするのは内装壁のレンガです。茶系のレンガは重厚になりますから、あえて白系のキッチンにすることで現代的になっています。さらに、調味料などをところどころ見せることで無機質でない味わいも出てきます。

mydomaine.com

出典:mydomaine.com

男前はシャープだから?

ブルックリンスタイルというと男前と言われますが、女性でも男性でも居心地の良いシャープなスタイルです。このベッドルームは、ブルー系の壁でベッドファブリックもシンプルですが、天井やベッドが木製なのでソフトな印象にもなり、女性にも居心地の良い部屋となっています。

tumblr.com

出典:tumblr.com

フェミニンなブルックリン

男前と言われるブルックリンスタイルですが、あえてフェミニンな部屋もご紹介します。
フェミニンなブルックリンスタイルを作るのに、ロココ調の家具を持ってくると、一遍にエレガントな印象になるので置きすぎないのがポイントです。壁に掛かっているタペストリーや絵画がアクセントブラックとなり、甘すぎないモダンですっきりとした印象の部屋にしてくれています。

interiordesignfiles.com

出典:interiordesignfiles.com

こちらもリビングに続いてのベッドルームです。
ブラックと淡いピンクで統一しているところが甘すぎないクール・フェミニンな部屋にさせる絶妙な色の組み合わせです。天井廻縁の浮彫がノスタルジックでヴィンテージのサイドボード、チェアが映えています。鳥かごを持ってくる遊び心はぜひお手本にして下さい。

interiordesignfiles.com

出典:interiordesignfiles.com

中庭から2階へ

日本の庭は表通りに面していることが多いですが、ブルックリンのテラスハウスはこのように中庭があります。このように2階から階段を作ると、庭から1、2階を行き来できて、贅沢な空間になり、生活に豊かさが生まれます。

airows.com

出典:airows.com

古くからある建物とヴィンテージ家具の良さを活かしつつ、現代の快適さを備えたブルックリンスタイルぜひ取り入れてみてください。

この記事を書いた人

Rinさん

展覧会やショップなどで、ステキな美術、工芸品を見つけるのが好です。旅行でも、工芸品の産地に行くのが楽しみの一つです。

最近お気に入りされた事例写真

  • 黒い床のホール
  • リビングダイニング
  • ダイニング1
  • 広々としたエントランス
  • ガラスブロック沿いの動線

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問