2018年09月07日更新

インテリア(壁/床)

今すぐまねしたい!アクセントウォールがおしゃれな9選

最近よく見かけるアクセントウォール。壁面の一部を違う素材や色に変え、空間にアクセントを加えることで、おしゃれな空間を演出することができます。今回は、アクセントウォールを取り入れるうえで、参考になる素敵なお部屋の事例をいくつかご紹介したいと思います。


グレー:洗練されたカフェのような空間に

グレーのアクセントウォールが印象的なこちらのお部屋は、ウッディな窓枠や家具、ハンギングされたインテリアグリーンなどがヴィンテージな雰囲気を醸し出していて、カフェのような空間となっています。

グレーはどちらかと言うと重いイメージがありますが、白い壁面で囲まれた明るい部屋にアクセントとして使用することで、視界を引き締める効果が生まれ、温かくも洗練された空間を生み出すことができます。

> この住宅のすべての情報を見る

ブルー:パリのアパルトマンのように

キッチンの一角にブルーのアクセントウォールを取り入れています。

十分な採光があり、白い壁面に囲まれた明るいダイニングにグリーンがかったブルーの壁面を取り入れることで、爽やかでありながらも大人っぽい印象を演出しています。また、ペンダントライトやグラスハンガー、キッチン天板のメタリックなカラーも引き締め役となり、パリのアパルトマンのような雰囲気を感じさせますね。

> この住宅のすべての情報を見る

グレー☓レンガ:大人のプライベート空間に

山小屋風の屋根裏部屋(書斎)には、グレイッシュなレンガのアクセントウォールをしつらえ、クールな大人の空間を演出しています。

赤レンガではなくグレーを使うことで、山小屋の温かな雰囲気を少しクールダウンさせ、作業したり、くつろいだりできるスペースとなっています。また、床に敷かれたグレーのオールドキリムや、アンティーク調のテーブルが壁面と調和して洗練された空間をさらに引き立てています。

> この住宅のすべての情報を見る

ヘリンボーン:カリフォルニアの風と波を感じる

人気のヘリンボーン。壁にも使用できるんです!

こちらの住宅は、サーフボードやサメの小物が並んだ壁面の飾り棚、波を思わせる柄のラグやデニム素材のソファなど、徹底的にカリフォルニアテイストを意識した空間となっています。
テレビ台を設置した壁面をヘリンボーン柄のアクセントウォールにすることで、無機質なAV機器も上手に空間になじませています。こんなお部屋でサーフィン映像のDVDを鑑賞すれば、気分はカリフォルニアのレジェンドサーファーになれちゃいそう!

> この住宅のすべての情報を見る

イエロー:食欲を刺激するポップなダイニングキッチン

イエローのアクセントウォールでポップな印象に仕上げたキッチン。

白い壁と十分な光が差し込む明るい空間に、ビタミンカラーのイエローをアクセントにすることで食欲も刺激する元気な空間となっています。

黄色や赤、黄緑といった色に限定した、調理器具や小物を並べて見せることで、散らかりがちなダイニングキッチンを上手にまとめています。1脚だけ置かれたカラフルなダイニングチェアも素敵なアクセントになっていますね。

> この住宅のすべての情報を見る

パープル:和室をスタイリッシュに

リビングに面した和室の壁面は、細かい砂の入った紫のペンキで仕上げられているそう。

吹き抜けのある大空間に、トンネルのような形にくり抜かれた壁面からチラっと見える紫色がほどよいアクセントになっています。また、畳の色と壁面の紫が和空間を調和させるとともに、洋の空間であるリビングから俯瞰して見るとスタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。

> この住宅のすべての情報を見る

黒板:家族の絆を結ぶあたたかい空間

キッチン横の壁に設置された黒板がアクセントウォールとなっています。家族の伝言や子供のらくがきスペースとして活躍しているそうです。

こんな壁面があれば、家族のコミュニケーションも図ることができ、あたたかい空間を演出できますね。ちなみに、黒板はリノベーション会社のワークショップに参加したご家族が一緒に塗装したそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

ラベンダー:心休まるサニタリースペース

こちらのサニタリースペースにはラベンダー色の壁面を使用し、やさしく落ち着いた雰囲気に仕上げています。配管の見えない洗面台や照明の穏やかな光が効果をなして、ほっと心が休まる空間になっていますね。

> この住宅のすべての情報を見る

子供部屋:好きなカラーを選んでお気に入りスペースに

子供部屋のクロスは可愛らしいものが多い反面、成長に連れて子供っぽい柄が気に入らなくなってしまった……なんてことになりがち。

そんな子供部屋こそ、アクセントウォールを活用したいですね。壁面の一部を塗装するだけなので、大掛かりな家具の移動も不要。お子さんのお気に入りのカラーを選んで、自分だけのお気に入りスペースにしてあげてください。

> この住宅のすべての情報を見る

いかがでしたか?簡単にお部屋の印象を変えられるアクセントウォール。色や素材によって全く異なるイメージを演出できるので、ご紹介した事例を参考に模様替えをしてみてください。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

UkoSさん

住宅メーカー出身。海外インテリアが好きな1児の母。おもちゃで部屋が散乱しないよう創意工夫して奮闘中。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事