2015年01月19日更新

インテリア(家具)

時代を超えて愛される。1940-60年代の家具が馴染むインテリア

柔らかな曲線のフォルムが印象的な、1940~60年代の家具。
第二次世界大戦後、世界が新しい時代へ動き出す中、軍需産業で発展した大量生産の技術を生かし、低コストで良質なデザインの家具が多く製造されました。この時代に生まれ、今なお愛し続けられる名作家具達が映えるモダンなインテリアスタイルをご紹介します。


【シェルサイドチェア】

ミッドセンチュリー・モダンの旗手、チャールズ・イームズとレイ・イームズの夫婦がデザインしたデザイン史に残る名作です。当時新素材であった「FRP」を使用した初期モデルから、現在では木やポリプロピレンなど様々素材を使い製造されています。今なお進化しつづける一脚です。

Eames Shell Side Chair DSR Chrome Base

黒が印象的な壁面に、節目のある床板など。
男性的な印象が強い中で、シェルチェアの丸みを帯びたフォルムが空間に柔らかさを添えるダイニングルームです。脚部がステンレスのシェルチェアはこうした少し粗野な印象の空間に良く合いますね。

standardstudio.nl

出典:standardstudio.nl

【Yチェア】

デンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナーによるYチェア。
世界で最も売れた椅子の1つと言われています。
柔らかな木の曲線と肌触りは使い込む程に味が出てくる。長く大切にしたい一脚です。

CH24 Yチェア

壁面にオブジェ感覚で置かれたYチェア。特徴的なフォルムだから1脚だけ置いても様になりますね。

cocolapinedesign.com

出典:cocolapinedesign.com

【The SWAN(スワンチェア)】

デンマークの建築家兼デザイナーのアルネ・ヤコブセンによるThe SWAN(スワンチェア)。
自身が建築したホテルのロビーやラウンジ向けにデザインされた椅子です。
白鳥をイメージさせるフォルムから、その名前が付けられました。

スワンチェア クラシックレザー 3320(センプレ)

重厚感のある革張りのスワンチェアには、男性的なインテリアが良く合います。
軽快な白の空間に、濃い色の木チェストと黒い革張りのスワンチェア。
遊び心のある大人の男性の趣味部屋という感じですね。

dwell.com

出典:dwell.com

【バタフライチェア】

日本を代表する工業デザイナー柳宗理のデザインによるスツールです。
まるで蝶が羽を広げたようなフォルムからこの名前がつきました。
成形合板の技術を生かした、シンプルかつ機能的なフォルムは日本のみならず、世界中で愛されているデザインです。

バタフライスツール 柳宗理/天童木工(SEMPRE)

ミニマムで美しいフォルムをディスプレイ棚として活用したコーディネート例です。
軽くて持ち運びの楽なこの1脚は、スツールとしての機能はもちろん色々な場面で活躍しそうですね。

huffingtonpost.com

出典:huffingtonpost.com

【まとめ】

いかがだったでしょうか。
新しい時代の中で、新技術や新素材を活用し、機能性と美しさを追求したこの時代の家具達。
その美しさを引き立たせるインテリアコーディネートを楽しみたいですね。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観5
  • デッキの様子も伺える将来3室に間仕切れる子供部屋
  • リビングと連続するサンルーム
  • キッチン
  • LDK-リビング側

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問