2015年09月09日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

同じ敷地に2軒の家で住み分ける~お互いが快適に過ごせる2世帯住宅~

近年、注目度がアップしている2世帯住宅の形が、同じ敷地に完全に独立した2軒の住宅を建てるスタイルです。昔ながらの「母屋」と「離れ」の形に近いものがありますが、それぞれの世帯のライフスタイルを犠牲にすることなく、もっとも近くに住んでいるという安心感も得られる現代的な2世帯住宅の形ともいえるでしょう。


1軒家に見える外観デザインの2棟の住まい

高低差10m以上の崖地に建つ2棟の住宅。屋根の勾配や素材、外壁などのデザインを合わせることにより、正面からは大きな1軒家に見える一体感がスマートです。

(東京都あきる野市)秋川の3段崖地の家/A棟/B棟 (A棟とB棟が1つの家に見える外観)

親世帯の家は将来を見据えた平屋建てに。連続した垂木がモダンな印象を生み出しているリビングです。

(東京都あきる野市)秋川の3段崖地の家/A棟/B棟

母屋や納屋との位置関係を考慮した注文住宅

母屋と倉庫、納屋が建っていた大きな敷地に倉庫を取り払って建てられた子世帯の家。母屋や納屋との位置関係を考慮し、配置や窓の位置を決定しています。

西船の家 (南側夜景外観)

アレンジしやすいシンプルな大空間の家族室。畳のスペースもあり、子どもが遊んだり親世帯が訪れた時にもくつろげる一角になっています。

西船の家

床や窓の高さにこだわった若夫婦のための家

母屋のある敷地内に若夫婦のための住宅を建築。庭にある湧水の池が眺められるよう、1階のリビングの床の高さを低めにとった設計としています。

オウチ10・湧水を楽しむ家 (湧水を眺める地窓のある外観)

天井高6mの吹抜けのリビングは、天窓からの光と横に連続した窓により開放感たっぷり。窓は庭の景観を楽しみつつも隣地の工場が目に入らないように高さを厳密に調整しています。

オウチ10・湧水を楽しむ家

光を取り入れた明るい離れ

高齢化した両親のために離れとして建てたコンパクトな居住空間。夫婦それぞれの理想的な趣味のスペースも構築しています。2階の一部を透明なガラスにすることにより、地下まで自然光が落ちる明るい住まいになっています。

T-House(2S)


この記事を書いた人

joker7さん

プロのコピーライターです。
仕事上の経験から培った価値ある情報を発信していきますので、
どうぞご期待ください。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • トイレ1
  • リビングダイニング
  • 玄関引き戸
  • LIVING

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問