無料アドバイザーに質問

"業界経験豊富"な担当者(SUVACOのアドバイザー)が
あなたの疑問・質問に答えます!お気軽にご質問ください。

アドバイザーのご紹介

竹村 洋亮
家づくりを考えている時「これやったらいくらかかるの?」「どうやったらコストダウンできる?」「メリットやデメリットは?」などいろいろな疑問が出てくると思います。そんな時は気軽に相談してください!きっとお力になれると思います。
加藤 サナ
建築が大好きで素敵な住まいをひとつでも多く増やしたいと思っています。リノベ会社や建築家とつくる注文住宅のプロデュース経験をフルに活かし、アドバイスをさせていただきます。どんなことでもお気軽に聞いてください!

お気軽にご質問・ご相談ください。

事例で使われている建材についてのご質問は正確にお答えできないため
手がけられた専門家へ直接「お問い合わせ」ください。

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます。

こんな質問にもお答えします。

〜費用に関するご質問〜

使っていない和室があります。洋室に替えたいのですが、いくらぐらいかかるのでしょうか?
女性/40代前半/神奈川
アドバイザー/竹村
現状の造りと、どこまで施工するかによって金額が大きく変わります。

- 床だけをフローリングにするだけでよいのか?
- 現状の壁が本来の和室の造り方である真壁(柱が露出した壁)なのか?
- 天井は木製の「目透かし天井」の造りなのか?
- 押し入れをクローゼットに替えたいかどうか?

など

床だけをフローリングにするなら10万円台でも実現可能ですし、壁や天井も洋風にするのであれば50万くらいでしょうか。
さらには、出入り口の襖や押し入れをクローゼットにするのに扉を変えたり、収納の仕方も変えていくと70万から80万位かかってくると思います。

ご予算に応じてどこまで手を入れるのか決められるのが良いとアドバイスさせていただきました。
女性/30代後半/千葉

〜珪藻土のメリット/デメリット〜

珪藻土って壁紙と比べてどういうメリットやデメリットがあるのか知りたいです。
まずメリットについては、一般普及している壁紙と最も差が出るのは「調湿効果」でしょうか。

多孔質と呼ばれる珪藻土は、それ自体に非常に細かい無数の穴が開いているので、湿気の多い時はそこに湿気を取り込んでくれます。
逆に乾燥している日は湿気を放出してくれるので、年間を通して適正な湿気の状態を保とうとしてくれます。

他には塗り壁特有の模様や陰影が出ますので立体感のある雰囲気を楽しむことができます。

デメリットについては表面が傷つきやすいので、掃除機のヘッドがぶつかって削れてしまう事があります。
各メーカーでも補修キットの取り扱いがあるので、場合によっては壁紙の補修よりも簡単に済む場合もあります。
アドバイザー/加藤

専門家探しに悩んだら…

SUVACOでは、無料で「専門家紹介サービス」もおこなっています。

「限られた予算で何とかしたい」「要望がまとめられない…」「専門家(会社・建築家)が選べない…」
といったお客さま向けに、業界経験豊富なアドバイザーが親身にお応えします。是非お気軽にお問い合わせください。